2013.1.19「マルタク」

円山夜想でのゲーム会「マルタク」も回を重ね、参加人数が増えてきました。
今回は10名のご参加をいただきました!

扱ったゲームの一部をご紹介します。

「スコットランドヤード」
怪盗Mr.Xとロンドン警察に分かれて行うヨーロピアンな「けいどろ」ゲーム!
警察を少なくして臨んでいましたが、やはり逃げ切られましたね・・・!

卓屋スタッフも大好きな「黄金の島 イスラドラーダ」というゲーム。プレイヤーは黄金が眠っている島に不時着した探検隊の一員となり、自分の目的の財宝を探します。しかし探検隊のコマは一つしかないので、カードの「競り」によって異動先を決定していくのです。互いの思惑とジレンマが交錯する好ゲームです。本当に島を探検している気になれる、ロールプレイングゲームにも似たプレイ感覚です。オススメ!

この日一番盛り上がったのは「人狼」でした。著作権がなく、様々なところから出ている人狼ですが、今回は東京ゲームマーケットで入手した「うそつき人狼」 をプレイ。人狼経験の少ないメンバーも多かったので、ボディガード、予言者を入れて2回行いました。どちらのゲームも緊迫した論戦が繰り広げられ、嘘に嘘を重ねるだまし合い。レベルの高い人狼を見せていただきました。マルタクに人数が集まった時の定番になりそうな予感がします。

卓屋のゲーム会に初参加の方も多かったのですが、終了後はメールアドレスの交換など盛んに行われ、楽しんでいただけた様子でした。次回マルタクは2/9です。ご期待ください!

 

 

This entry was posted in ボードゲーム紹介, マルタク, 卓屋近況 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です